『GoUrl』ビットコインで投げ銭を受け取れるWPプラグイン

ビットコインアドレスを取得しておく

ビットコインアドレスをお持ちでない場合は、ビットコイン取引所に登録してアドレスを取得しましょう。
国内の取引所が安心ですよね。bitFlyerなら手数料も安いようです。
本人確認はオンラインで証明書の写真を送るだけ。
住所確認のハガキが届くのに数日かかりますが、受け取るだけで完了して手間いらずです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GoUrl

WordPressのブログで有料記事や商品購入にビットコインを使えるWordPressプラグインです。
noteの有料記事のような使い方もできますが、今回はアドオンを使って投げ銭的な利用の仕方をしてみたいと思います。

本体のインストールと有効化

GoURL本体インストール
ダッシュボード→プラグイン→新規追加を選んでください。

GoURLだけで検索すると、たくさんのアドオンが出てくるので、間違えないために、
上記をコピーして、プラグインの新規追加の検索窓にペーストしてください。

見つかりましたら、今すぐインストール→有効化してください。
正常にインストールできた場合は下記のようになります。
正常にインストール完了

インストール時にエラーが出た場合

下記のエラーが出た場合はPHPのバージョンを5.6以上にしてください。
GoURLインストールエラー

ロリポップでのPHPのバージョン変更の仕方

ユーザー専用ページにログインし、画面左端のメニュー一覧にある『Webツール』の中の『PHP設定』を開きます。
PHP設定1
該当するサイトURLの右にあるプルダウンでPHPのバージョンを5.6(CGI)以上に変更して、『変更』ボタンを押します。
反映には5~10分掛かるので、少し待ってから上記手順の『今すぐインストール』をクリックしてください。
php設定2

GoUrl.ioに登録

WordPress上で操作

インストール済プラグインの一覧で、下記のように『Summary』をクリックします。
サイドメニューに登録された『GoUrl Bitcoin』のメニューの中ある『Summary』でも同じです。
summaryをクリック
画面を下部にスクロールし、『3. GoUrl Instruction』の『Register』をクリックします。
registerをクリック

GoUrl.ioにアクセス

別窓でGoUrl.ioが開きますので、『私はロボットではありません』にチェックを入れて『I’m a Human Being』ボタンを押します。
ロボットではありませんをクリックしてボタンを押す

必要項目を記入

必要項目に記入して『Register』ボタンを押します。
GoURL.io登録画面

Title
MissとかMrとか。選択式。
FirstName
名前(花子とか太郎とか)半角ローマ字で記入。
Last Name
苗字(田中とか佐藤とか)半角ローマ字で記入。
Country
住んでいる国。選択式。
State/Region
州/地方(日本の場合は都道府県)。選択式。
City
町(日本の場合は市区)。選択式。
Email
 メールアドレス。半角で記入。
Nickname
ニックネーム。半角英数で記入。
Password
 ログイン時に使うパスワードを半角英数で記入。
Re-type Password
 確認用にもう一度同じパスワードを半角英数で記入。
Code
すぐ上に表示された画像にある文字を半角英数で記入。
Trem and Condition
『I agree』にチェックを入れて利用規約に承諾。

メールのリンクをクリック

届いたメールを開き、『click here』をクリックします。
届いたメールのリンクをクリック

ロボットではないことを確認

Registerの時と同じように、『私はロボットではありません』にチェックを入れて『I’m a Human Being』ボタンを押します。
メールアドレス確認画面

これで登録が完了しました。

ペイメントボックスを作成

ペイメントボックス一覧ページへ移動

ログイン後の画面の『Your Payment Boxes』をクリックします。
Your Payment Boxes をクリック

新規ペイメントボックス作成

Create New Payment Box for Your Websiteボタンをクリックします。
Create New Payment Box for Your Websiteボタンをクリック

ペイメントボックスの情報を入力

ペイメントボックスの情報を入力して、左上の『Save』ボタンを押します。
ペイメントボックスの情報を入力

Payment Box Name
このペイメントボックスの名前(任意)半角英数で記入。
Coin Name
コインの種類。『bitcoin』を選びます。
Type of Payment Box
『paymentbox』を選びます。
Your External Wallet Address
bitFlyerの『入出金』ページにある『BTCお預入』タブから、『お客様用ビットコインアドレス(お預入)』のアドレスをコピーして貼り付けます。コピー漏れのないように注意してください。
Lock External Address Forever
空欄のままにします。
Notification By Email
投げ銭があったときに通知が来ますが、空欄でも構いません。
Callback URL
WordPressのダッシュボードを別窓で開き、再度メニューの『GoUrl Bitcoin』の『Settings』にある『Bitcoin Payments』にある『Your Callback Url:』の右端にある『http://』から始まるURLをコピー&ペーストしてください。
Use on Adult/Gambling Website ?
アダルトやギャンブルに関するサイトでなければNo、そうであればYesです。

パブリックとプライベートのキーを登録

ペイメントボックスをセーブすると、『Public Key』と『Private Key』が発行されます。
これを、Wordpressのダッシュボードのサイドメニューから、『GoUrl Bitcoin』の『Settings』にある『Bitcoin Payments』のところへコピー&ペーストして『Save Setting』ボタンを押してください。
GoURLのペイメントボックスにあるKeyを保存

アドオン

GoUrl Bitcoin Paypal Donations – Give Addon

インストールと有効化

Give Addonインストール

上記をコピーして、プラグインの新規追加の検索窓にペーストしてください。

見つかりましたら、今すぐインストール→有効化してください。
インストールが完了したら、次のプラグインをインストールします。

Give – Donation Plugin and Fundraising Platform

インストールと有効化

Giveをインストール

上記をコピーして、プラグインの新規追加の検索窓にペーストしてください。

見つかりましたら、今すぐインストール→有効化してください。

GoURLと連携する

ダッシュボードのサイドメニューに『Donations』が追加されていますので、『Settings』に入ります。

ペイメントゲートウェイの設定

DonationのSettingのペイメントゲートウェイを設定
『Payment Gateway』タブをクリックします。
『Enabled Gateways』で『Gourl Bitcoin/Altcoin』にチェック、その他はチェックを外します。
『Default Gateway』は『Gourl Bitcoin/Altcoin』のみになります。
『Save Settings』ボタンを押しておきます。

通貨単位を設定

DonationのSettingで通貨単位に円を設定
『Donations』→『Settings』→『General』タブに行きます。
『General | Currency | Access Control』とある文字リンクがあります。
『General』では『Base Country』で『Japan』を選択します。
『Currency』をクリックし、『Currency』欄で『Japanese Yen(\)』を選択します。
『Save Settings』ボタンを押します。

投げ銭用のフォームを作る

タイトルを入れ、初期状態で表示される金額を入れます。
投げ銭フォームを作る
『Donation Options』タブでは
『Set Donation』のラジオボタンをオン
『Set Donation』では初期に表示される金額を入力
『Custom Amount』はユーザーが金額を任意に変えられるかどうか。『Enabled』はオン、『Diabled』はオフ。

Custom AmountをEnabledにすると、詳細設定が現れます。

『Minimum Amount』は最低金額の指定。
『Custom Amount Text』は任意の文章を入れられます。下記のフォームでは『金額は100円以上でご自由に変えられます』と入れてみました。

『Form Display』タブでは
『Submit Button』でボタンラベルを変更できます。『投げ銭をする』を入れてあります。
『Default Gateway』で『Gourl Bitcoin/Altcoin』を選択します。

通常の投稿や固定ページの編集と同じように、最後に『公開』ボタンを押し、公開状態にしてください。

編集画面の公開状況の下部にショートコードが表示されています。
これをウィジェットや投稿・固定ページ内に貼り付けると、投げ銭フォームが表示されます。

『下書き』のままだと、ショートコードを入れても公開表示はされません。
(ログインした状態で編集モードでプレビューする時は表示されていますが、ユーザーは見ることができません)

※また、プレビューしているとメールアドレス欄に自分のアドレスが表示されていますが、これはログインユーザーの登録アドレスを自動表示する機能のためのようです。ログインしている人のアドレスが表示されるだけで、非ログインユーザーの場合は空欄となります。
自分のメールアドレスが他人に表示されるわけではないのでご安心下さい。

 投げ銭をする

Notice: Test mode is enabled. While in test mode no live donations are processed.

¥

金額は100円以上でご自由に変えられます

Personal Info

Donation Total: ¥100


※テストモードのままにしているので、ボタンを押しても実際には寄付は行われません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

『AddQuickTag』でWPの投稿エディタをカスタマイズ
『Simple Tags』投稿画面で簡単にタグを選べるWPプラグイン
『SI CAPTCHA Anti-Spam』画像認証でスパムコメント対策できるWPプラグイン
『Newpost Catch』最近の投稿をサムネイル付にできるWPプラグイン
『Default Thumbnail Plus』カテゴリごとに自動でサムネイルをつけてくれるWPプラグイン
『Browser Shots』サイトのサムネイル付リンクを記事に貼れるWPプラグイン
『Google XML Sitemaps』 検索エンジン用XMLサイトマップを作成するWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』適切にPing送信してくれるWPプラグイン
『Crayon Syntax Highlighter』ソースコードをきれいに表示できるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』をロリポップで使う時の注意点
『Favicon Rotator』ファビコンやタッチアイコンを簡単に設定できるWPプラグイン
『PS Auto Sitemap』サイトマップを自動生成してくれるWPプラグイン
『Table of Contents Plus』目次を自動で作成してくれるWPプラグイン
『Auto Post Thumbnail』アイキャッチを自動登録してくれるWPプラグイン
『What’s New Generator』新着情報を自動表示してくれるWPプラグイン

Menu

HOME

 TOP