『Crayon Syntax Highlighter』ソースコードをきれいに表示できるWPプラグイン

Crayon Syntax Highlighte

プログラムやCSSなどのソースコードをきれいに表示してくれるWordPressプラグインです。

インストールと有効化

Crayon Syntax Highlighter

ダッシュボード→プラグイン→新規追加を選んでください。
その後、"AddQuickTag"で検索→いますぐインストール→有効化します。

テキストエディタにcrayonボタンが追加される

インストールして有効化するだけで『crayon』ボタンがエディタに追加されます。
位置はタブオーダーによって変わると思うので、どこに追加されたか確認しておいてください。
Crayon Syntax Highlighter02

設定は日本語対応

設定画面は最初から日本語に対応しています。
特にデフォルトから変更する必要はなさそうです。

crayonボタンを押して入力するだけ

テキストエディタでcrayonボタンを押すと、専用のエディタがポップアップします。
エディタ画面も最初から日本語化されています。
Crayon Syntax Highlighter04

何も設定を変更せずに各言語のHello worldプログラムのソースを入力し、挿入を押した結果が下記です。
Perlだけ気になりますが、他の各言語では自動判別されていますね。

さらに、上記で挿入されたHTMLソースは下記のとおりです。
大なり小なりなどの文字がHTMLのエスケープ文字に自動変換されていますね。

気になったPerlを明示的に指定してみると

PerlのソースだけをDefaultで挿入してもハイライトしてくれないようですが、
明示的に『プログラム言語』でPerlを指定すれば問題ないようです。

カスタマイズの自由度が高いが設定いらず

カスタマイズしようと思えば自由度は高いようです。
しかし、何といってもインストールしてから何も変更しなくてもよい手軽さが魅力ですね!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

『AddQuickTag』でWPの投稿エディタをカスタマイズ
『Google XML Sitemaps』 検索エンジン用XMLサイトマップを作成するWPプラグイン
『Browser Shots』サイトのサムネイル付リンクを記事に貼れるWPプラグイン
『Simple Tags』投稿画面で簡単にタグを選べるWPプラグイン
『SI CAPTCHA Anti-Spam』画像認証でスパムコメント対策できるWPプラグイン
『Default Thumbnail Plus』カテゴリごとに自動でサムネイルをつけてくれるWPプラグイン
『PS Auto Sitemap』サイトマップを自動生成してくれるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』をロリポップで使う時の注意点
『Auto Post Thumbnail』アイキャッチを自動登録してくれるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』適切にPing送信してくれるWPプラグイン
『What’s New Generator』新着情報を自動表示してくれるWPプラグイン
『Favicon Rotator』ファビコンやタッチアイコンを簡単に設定できるWPプラグイン
『Table of Contents Plus』目次を自動で作成してくれるWPプラグイン
『Newpost Catch』最近の投稿をサムネイル付にできるWPプラグイン

Menu

HOME

 TOP