『Crayon Syntax Highlighter』ソースコードをきれいに表示できるWPプラグイン

Crayon Syntax Highlighte

プログラムやCSSなどのソースコードをきれいに表示してくれるWordPressプラグインです。

インストールと有効化

Crayon Syntax Highlighter

ダッシュボード→プラグイン→新規追加を選んでください。
その後、"AddQuickTag"で検索→いますぐインストール→有効化します。

テキストエディタにcrayonボタンが追加される

インストールして有効化するだけで『crayon』ボタンがエディタに追加されます。
位置はタブオーダーによって変わると思うので、どこに追加されたか確認しておいてください。
Crayon Syntax Highlighter02

設定は日本語対応

設定画面は最初から日本語に対応しています。
特にデフォルトから変更する必要はなさそうです。

crayonボタンを押して入力するだけ

テキストエディタでcrayonボタンを押すと、専用のエディタがポップアップします。
エディタ画面も最初から日本語化されています。
Crayon Syntax Highlighter04

何も設定を変更せずに各言語のHello worldプログラムのソースを入力し、挿入を押した結果が下記です。
Perlだけ気になりますが、他の各言語では自動判別されていますね。

さらに、上記で挿入されたHTMLソースは下記のとおりです。
大なり小なりなどの文字がHTMLのエスケープ文字に自動変換されていますね。

気になったPerlを明示的に指定してみると

PerlのソースだけをDefaultで挿入してもハイライトしてくれないようですが、
明示的に『プログラム言語』でPerlを指定すれば問題ないようです。

カスタマイズの自由度が高いが設定いらず

カスタマイズしようと思えば自由度は高いようです。
しかし、何といってもインストールしてから何も変更しなくてもよい手軽さが魅力ですね!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

『Simple Tags』投稿画面で簡単にタグを選べるWPプラグイン
『SI CAPTCHA Anti-Spam』画像認証でスパムコメント対策できるWPプラグイン
『GoUrl』ビットコインで投げ銭を受け取れるWPプラグイン
『Favicon Rotator』ファビコンやタッチアイコンを簡単に設定できるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』適切にPing送信してくれるWPプラグイン
『What’s New Generator』新着情報を自動表示してくれるWPプラグイン
『Auto Post Thumbnail』アイキャッチを自動登録してくれるWPプラグイン
『Table of Contents Plus』目次を自動で作成してくれるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』をロリポップで使う時の注意点
『Browser Shots』サイトのサムネイル付リンクを記事に貼れるWPプラグイン
『Default Thumbnail Plus』カテゴリごとに自動でサムネイルをつけてくれるWPプラグイン
『AddQuickTag』でWPの投稿エディタをカスタマイズ
『PS Auto Sitemap』サイトマップを自動生成してくれるWPプラグイン
『Newpost Catch』最近の投稿をサムネイル付にできるWPプラグイン
『Google XML Sitemaps』 検索エンジン用XMLサイトマップを作成するWPプラグイン

Menu

HOME

 TOP