『SI CAPTCHA Anti-Spam』画像認証でスパムコメント対策できるWPプラグイン

SI CAPTCHA Anti-Spam

インターネットバンキングや会員登録時によく見かける画像認証をコメント欄に実装してくれるWordPressプラグインです。
自動投稿システムなどは画像認証に弱いので、これを導入しておくとスパムがとても減ります。

インストールと有効化

SI CAPTCHA Anti-Spam
ダッシュボード→プラグイン→新規追加を選んでください。
その後、"SI CAPTCHA Anti-Spam"で検索→いますぐインストール→有効化します。

SI CAPTCHA Anti-Spamの設定

プラグイン→SI Captchaオプションで設定画面に入ります。
ほとんどデフォルトのままで大丈夫です。
タモレが変更した個所下記のとおりです。

1.「キャプチャ」の「小さめのキャプチャ画像を有効にする」にチェックをいれました。
SI CAPTCHA 設定画面01
2.「テキストラベル」で下記のとおり日本語を3か所入力しておきました。
SI CAPTCHA 設定画面02

ユーザーから見たコメント入力欄

デフォルトのままだとログインした管理者にはキャプチャが表示されません。
ログインしていないユーザーから見たコメント入力欄は下記のようになります。

画像の下の認証文字入力欄の下に、テキストラベルの設定した文章が表示されています。
SI CAPTCHA コメント入力欄

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

『Google XML Sitemaps』 検索エンジン用XMLサイトマップを作成するWPプラグイン
『AddQuickTag』でWPの投稿エディタをカスタマイズ
『Default Thumbnail Plus』カテゴリごとに自動でサムネイルをつけてくれるWPプラグイン
『Crayon Syntax Highlighter』ソースコードをきれいに表示できるWPプラグイン
『Newpost Catch』最近の投稿をサムネイル付にできるWPプラグイン
『Simple Tags』投稿画面で簡単にタグを選べるWPプラグイン
『Table of Contents Plus』目次を自動で作成してくれるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』適切にPing送信してくれるWPプラグイン
『Auto Post Thumbnail』アイキャッチを自動登録してくれるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』をロリポップで使う時の注意点
『What’s New Generator』新着情報を自動表示してくれるWPプラグイン
『GoUrl』ビットコインで投げ銭を受け取れるWPプラグイン
『Favicon Rotator』ファビコンやタッチアイコンを簡単に設定できるWPプラグイン
『PS Auto Sitemap』サイトマップを自動生成してくれるWPプラグイン
『Browser Shots』サイトのサムネイル付リンクを記事に貼れるWPプラグイン

Menu

HOME

 TOP