『Simple Tags』投稿画面で簡単にタグを選べるWPプラグイン

Simple Tags

登録されているタグを編集画面で一覧表示してくれるWordPressプラグインです。
タグを手入力していると、微妙に違う同じ意味の言葉が増えて関連付けされないことがあります。
すでにあるタグを一覧で見て選択し、一覧にないものを手入力することがでるので便利ですよね。

インストールと有効化

Simple Tags
ダッシュボード→プラグイン→新規追加を選んでください。
その後、"Simple Tags"で検索→いますぐインストール→有効化します。

Simple Tagsの設定

設定→Simple Tags+で設定画面に入れます。
タモレはデフォルトのままで特に変更していません。
使ってみて表示の順番などを変えたいときには、この画面で行います。
Simple Tags設定画面

投稿画面下部にクリックタグエリアが出現

このエリアの赤文字の『クリックタグを表示する』をクリックします。
Simple Tagsタグ選択エリア

登録されているタグがすべて表示されます。
これらの『クリックタグ』をクリックすることでタグが入力欄に自動的に挿入されます。
Simple Tagsクリックタグ

タグ入力欄でも入力文字に合わせて候補が出現

Simple Tagsタグ入力欄
エディタの右にあるタグ入力欄もSimple Tagsのものになっています。
ここで文字を入力すると候補が出るので、クリックで補完してくれます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

『What’s New Generator』新着情報を自動表示してくれるWPプラグイン
『PS Auto Sitemap』サイトマップを自動生成してくれるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』適切にPing送信してくれるWPプラグイン
『Browser Shots』サイトのサムネイル付リンクを記事に貼れるWPプラグイン
『Auto Post Thumbnail』アイキャッチを自動登録してくれるWPプラグイン
『SI CAPTCHA Anti-Spam』画像認証でスパムコメント対策できるWPプラグイン
『AddQuickTag』でWPの投稿エディタをカスタマイズ
『Default Thumbnail Plus』カテゴリごとに自動でサムネイルをつけてくれるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』をロリポップで使う時の注意点
『Crayon Syntax Highlighter』ソースコードをきれいに表示できるWPプラグイン
『Google XML Sitemaps』 検索エンジン用XMLサイトマップを作成するWPプラグイン
『Table of Contents Plus』目次を自動で作成してくれるWPプラグイン
『Favicon Rotator』ファビコンやタッチアイコンを簡単に設定できるWPプラグイン
『Newpost Catch』最近の投稿をサムネイル付にできるWPプラグイン

Menu

HOME

 TOP