タモレねっと

WordPress初心者に優しい情報サイト

ロリポップでWordPressに独自SSL(無料)を設定した記録

time 2018/07/26

ロリポップでWordPressに独自SSL(無料)を設定した記録

sponsored link

ロリポップでWordPressに独自SSL(無料)を設定した記録

SSL導入方法確認

まずはロリポップの公式サイトで導入手順を確認しました。

独自SSLの申込方法確認

独自SSL(無料)のお申込み・設定方法にある手順に従い、独自SSLを申し込みます。

独自SSLには無料版1種類と有料版3種類があります。

個人サイトであれば無料版か有料版の2,000円のクイック認証SSLになるようです。
無料版で設定を行うことにしました。

WordPressでのSSL化についても簡単なヘルプがありました。

設定手順のリストアップ

まずやらなければいけないことをリストアップし、手順を確認しました。

  1. 独自SSL(無料)を申し込む
  2. WordPressの設定→「一般設定」でhttpsを設定
  3. 自サイト内のリンクソースの変更
  4. サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の設定
  5. アナリティクスのサイトアドレス設定をhttpsに変更
  6. アドセンスの広告コードを変更

こんなところかな?

実際にやってみる

タモレは「釣り女部」「タモレねっと」「免許合格!」と、3つの個人サイトを運営しています。

ゆっくり手順を確認しながらやりたいので、メディアの数やページ数の少ない「免許合格!」からやってみました。

独自SSL(無料)を申し込む

  • まずはロリポップのユーザー専用ページのメニューから、「セキュリティ」→「独自SSL証明書設定」に入る。
  • 「独自SSL(無料)」のところの「SSL保護されていないドメイン」タブでSSLを設定したいドメインをチェックする。
  • 「独自SSL(無料)を設定」ボタンをクリック。
  • サブドメイン1つのみ、とか、ルートのドメインのみとかのチェックもできます。
    1つずつやっていく方が、下記の手順の取りこぼしがなくて良いかと思います。

    5分ほどまってリロードすると、保護されていないドメインリストから先ほどチェックしたドメインが消えます。

    httpsでアクセスしてみると、既に表示がされました。
    ここで安心すると、この後の大切な手順を忘れそうです(^^;

    この状態ではGoogle Chromeでのサイト情報は、かえって怪しい雰囲気。
    SSL証明書設定直後のhttps

    httpでアクセスするとhttpのアドレスで表示されてしまいます。
    SSL証明書設定直後のhttp

    気を取り直して、次の手順に進みます。

    WordPressの設定を変更する

    1. ダッシュボードにログインし、「設定」→「一般」を開く。
    2. 「一般設定」の中の下記2つとも「https://」から始まるURLに修正する。
      • WordPress アドレス (URL)
      • サイトアドレス (URL)
    3. 画面下部にスクロールして「設定を保存」ボタンをクリック。
    4. ログイン画面に戻るので、ログインし直す。

    この段階でも、httpsでのサイト情報は同じアナウンスです。

    ひとつ変わったのは、httpでアクセスするとhttpsへリダイレクトしてくれるようになったこと。

    ワードプレスではない場合、.htaccessに301リダイレクトを記載します。

    .htaccessファイルを開き、下記を追記して保存します。

    http://から始まるURLでアクセスしてhttps://で始まるURLにリダイレクトされていることを確認します。

    次の手順へ進みます。

    コンテンツ内の自サイトへのリンクをすべてhttpsに変更する

    これは、投稿や固定ページへのリンクだけでなく、メディアへのリンクも全てとなります。

    ウィジェットで表示している内容の中も忘れずに。

    「外観」→「カスタマイズ」で各画像を選択しなおして画像のURLをhttpsにします。
    テーマにマテリアルを使っている場合も、principleの場合も、カスタマイズで画像を選択し直してください。

    記事中の自サイト内リンクを全て修正するのは大変ですよね。

    マテリアルの場合は「外観」→「カスタマイズ」で、「かんたんSSL設定」を開き、「記事内の内部リンク及び画像ファイルURLをhttpからhttpsに一括変換する(外部サイトの画像URLは変換されません)」にチェックを入れるだけです。

    記事内の自サイトページへのリンクと自サイト内画像の呼出しが自動的にhttpsに変更されます。

    同等のものをPrincipleに当てるには、公式サイトに詳細なページがありますので、ご参照ください。

    あとは他サイトへのリンクや他サイトの画像の呼出しですが、こちらは対象サイトがhttpsになっていることを確認しないとNot Foundになってしまうのでご注意ください。

    手作業の場合、投稿や固定ページは一覧の検索欄に「http://〇〇」と自サイトのアドレスを入れて検索すると、対象ページがヒットします。
    別タブで開いて編集ページ内でctrl+Fで検索窓を出し、上記アドレスを入力すると置換すべき部分が分かります。

    カスタマイズしたプラグインやテーマのソースで呼び出したりリンクしたりしたものがある場合は、そちらも忘れずに。

    特に画像URLをきっちりと修正してあげると、サイトの情報が安全であるというアナウンスになります。

    Prinsipleからマテリアルマテリアル2にテーマを変更し、ウィジェット内の画像呼出しやリンクを見直す方が手間は少なくてすみます。

    完了するとこんな感じでURLの左端に鍵マークが付きます(^^)

    SSL証明書設定完了後

    サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の設定

    新しいサイトを追加するのと同じ手順となります。

    ちょっと面倒ですが、同じ作業を繰り返すだけなので一度経験していれば簡単ですね。

  • サーチコンソールにログインします。
  • サイトの追加
    1. 「プロパティを追加」ボタンを押します。
    2. https://から始まるアドレスを追加します。
    3. 「この HTML 確認ファイル」をクリックしてファイルをダウンロードします。
    4. ダウンロードしたファイルをWordPressをインストールしたフォルダ直下にアップロードします。
    5. 「ブラウザで https:〇〇~/〇〇.html にアクセスして~~」のリンクをクリックして表示されることを確認します。
    6. 「私はロボットではありません」のチェックボックスをクリックして、確認ボタンを押します。
    7. 「続行」リンクをクリックします。
    8. 「クロール」→「サイトマップ」をクリックし、「サイトマップの追加テスト」ボタンを押します。
    9. アドレスを入力して「送信」ボタンを押します。

    サブドメインがない場合、www付とwwwなしの2つ登録し、どちらを優先するかの設定も行います。

    サブドメインのものはwwwは付かないので1つで大丈夫です。

    アナリティクスのサイトアドレス設定をhttpsに変更

    Google アナリティクスを使っている方は、こちらも大切です。

    Google アナリティクスにログイン。

    左上の「すべてのウェブサイト」をクリック。

    「プロパティとアプリ」で該当サイトをクリックし、右側「ビュー」の「すべてのウェブサイト」をクリック。

    設定する場所は2か所。

    1. 「プロパティ」欄の「プロパティ設定」をクリック。
    2. 「デフォルトの URL」の「http://」のプルダウンで「https://」を選択する。
    3. 画面を下方向へスクロールし「保存」ボタンを押す。
    4. 画面左下の「管理(歯車アイコン)」をクリック。
    5. 「ビュー」欄の「ビューの設定」をクリック。
    6. 「ウェブサイトの URL」の「http://」のプルダウンで「https://」を選択する。
    7. 画面を下方向へスクロールし「保存」ボタンを押す。

    アドセンスの広告コードの変更

    これは、アドセンスのヘルプページを確認しました。

    http://で始まるコードはhttps://に変えるか、新しいコードと差し替えればOK。

    新しいコードは記事執筆現在(2018年7月16日)で下記の通り。

    同期広告コード: “//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”
    非同期広告コード: “//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”

    既に新しいコードに変更していたので何もせずにOKでした(^^)

    サイト情報の登録はhttpもhttpsもついていないので、変更不要です。

    まとめ

    ドメインをムームードメインで管理し、ロリポップを利用している場合は上記の通り。
    ここまでで、おそらく最低限必要なことはできているんじゃないかと思います。

    手順は簡単ですが、サイト内のリンク修正が一番手間かかるかもしれないですね(^^;

    テーマのカスタマイズやウィジェットで画像を呼び出している際の修正漏れに注意かな。

    sponsored link

    down

    コメントする




    CAPTCHA


    管理人について

    タモレ☆管理人

    タモレ☆管理人

    タモレです。50代で海釣りデビューした犬猫大好きな普通の事務のおばさんです。元・プログラマーで現・終活カウンセラーでもあります。
    姉妹サイトの更新情報、WordPressを使ったサイト構築の備忘録を中心にアップしていきます。 [詳細]

    サイト内検索

    タモレ☆のツイート

    

    sponsored link