FacebookのOGP設定後はDebuggerでチェックしてリフレッシュ

OGP設定後はDebuggerでチェック

PrincipleではOGPはデフォルトで導入されています。
FacebookページのIDをウィジェットのプロフィール欄に入力する以外、特に何もする必要はありません。
やるべきことはDebuggerでチェックするだけです。

Facebookもクロールしている

たとえば、うっかり設定→表示設定→検索エンジンでの表示で、検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックを入れずにサイト構築していた場合。

メンテナンスモード中のタイトルがインデックスされてしまっています。
このデータはGoogleなどの検索サイトだけでなく、Facebookのクローラーも同じなのです。

タモレねっと-メンテナンスモードです-

なんてタイトルになっちゃってるんですね。
これをサイトオープン時にリフレッシュしないと、URLをシェアしようとしても古いデータが表示されてしまいます。

Debuggerでチェックしてリフレッシュ

ただ確認するというだけでなく、古いデータを更新する意味もあります。

まず、Facebookに個人アカウントでログインします。
Facebookページとしてログイン中の場合、メインアカウントに切り替えてください。

次に、Open Graph Debugger Toolにアクセスします。

Debuggerにアクセスする

※かつてのURL Linterと同じです。

Fetch newは新しいものを取ってくる

Fetch new scrape infomationボタンを押すと、新しいインフォメーションを取りに行ってくれます。
この欄の下のデータが新しいものに変わったことを確認できたら手順は終了です。
安心してFacebookページでリンクをシェアしましょう!

Fetch new scrape infomationを押す

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP