『AddQuickTag』でWPの投稿エディタをカスタマイズ

AddQuickTag

エディタのタグボタンをカスタマイズするWordPressプラグインです。

インストールと有効化

AddQuickTag01

ダッシュボード→プラグイン→新規追加を選んでください。
その後、"AddQuickTag"で検索→いますぐインストール→有効化します。

Principle公式サイトのjsonファイルをインポート

公式サイトにも詳しい説明があります。
Principle仕様のインポートデータもダウンロードできます。

  1. 下記公式サイトでPrincipleのCSSに対応したjsonファイルをダウロードします。
    http://wp-principle.net/decoration/

    AddQuicktagプラグインでタグ挿入ボタンをPrinciple仕様に | 初心者にもおすすめ!無料 WordPress テーマ Principle

  2. zip形式なので展開します。
    ダウンロードしたファイルを展開する
  3. AddQuicktag設定画面の下部にインポートの見出し部分まで画面スクロールします。
  4. ファイルを選択でボタンを押して展開したjsonファイルを選択します。
  5. ファイルのアップロード・インポートボタンを押します。
    jsonファイルのアップロード

ul・ol・liボタンが出ない場合

AddQuickTagの設定画面でRemove Core Quicktag buttonsを見てください。
ul、ol、liの右側のチェックボックスにチェックが入っていると自分で設定したボタンまで消えてしまうようです。
これらのチェックを外します。
該当項目のチェックをはずす
Enhanced Code Quicktag buttonsの下にある変更を保存ボタンを押してください。
変更を保存ボタンを押す
コアボタンも表示されてしまうのが難点ですが、こちらはラベルがないのでマウスオーバーして識別してください。
ラベルが表示されるほうが追加したボタン

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

『What’s New Generator』新着情報を自動表示してくれるWPプラグイン
『PS Auto Sitemap』サイトマップを自動生成してくれるWPプラグイン
『Table of Contents Plus』目次を自動で作成してくれるWPプラグイン
『Default Thumbnail Plus』カテゴリごとに自動でサムネイルをつけてくれるWPプラグイン
『Auto Post Thumbnail』アイキャッチを自動登録してくれるWPプラグイン
『Crayon Syntax Highlighter』ソースコードをきれいに表示できるWPプラグイン
『SI CAPTCHA Anti-Spam』画像認証でスパムコメント対策できるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』適切にPing送信してくれるWPプラグイン
『Google XML Sitemaps』 検索エンジン用XMLサイトマップを作成するWPプラグイン
『Favicon Rotator』ファビコンやタッチアイコンを簡単に設定できるWPプラグイン
『Browser Shots』サイトのサムネイル付リンクを記事に貼れるWPプラグイン
『Simple Tags』投稿画面で簡単にタグを選べるWPプラグイン
『WordPress ping Optimizer』をロリポップで使う時の注意点
『Newpost Catch』最近の投稿をサムネイル付にできるWPプラグイン

Menu

HOME

 TOP